スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松尾芭蕉の正体は服部半蔵だった説!!

「奥の細道」を書いた歴史上の人物、松尾芭蕉にはある都市伝説があります。

松尾芭蕉と言えば、全国を行脚して数多くのうたを残した事で有名だが松尾芭蕉には不可解な点がある。
それはなぜ、この時代の関所は自由に行き来出来ないのに江戸時代で全国行脚ができたのか?
徳川幕府の江戸時代には個人が全国を旅するなど関所が有る限りほぼ不可能だった。

しかしその謎を解くカギは徳川幕府にあった!

徳川家康は日本に初めて特殊部隊を創設した人と言われている。そうあの有名な忍者です。

忍者は諜報活動や暗殺、スパイ等で日本歴史の闇の部分でさまざまな活躍をしました。

忍者の中でも特に家康が認めたのが特殊部隊、筆頭頭の服部半蔵です。

家康は天下統一を成し遂げた後に徳川家康は服部半蔵に言いました。

「お前が望むものをやろう、何が良いか?」と。

半蔵は答えました。

「自由が欲しいです。」

こうして服部半蔵は自由に全国を旅する権利を得たのです。

徳川家康によって与えられた権利であれば、全国を旅する事も可能となります。

そして、半蔵が語ったその後の名前が松尾芭蕉でした。

松尾芭蕉は当時46歳で、江戸時代でその年齢といえば高齢者に入ります。しかし、松尾芭蕉は一日に数十キロも移動していました。

老人が一日に何十キロも移動するなど特別な訓練を受けていないと可能な話ではないだろうか?

松尾芭蕉の出身地を調べると、「伊賀上野」だそうです。忍の地伊賀上野と松尾芭蕉と服部半蔵、この3つは繋がっているのです。

そして、服部半蔵が全国を行脚して残したうたが「かごめかごめ」だといいます。

服部半蔵はスパイ時代の情報を全国の貧しい子供たちに伝えて行ったのです。


信じるか信じないかはあなた次第です!!

前から1回言ってみたかったー笑☆☆

次回はかごめかごめの歌に隠された徳川埋蔵金の隠し場所について書きます☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

都市伝説K

Author:都市伝説K
「そうだったのか!!」と思わず言ってしまうような都市伝説や怖い話を紹介していきます。
記事を読んで頂いたら周りの人達に明日から早速自慢して下さい☆笑

PR広告









最新記事
カテゴリ
PR広告






総合オススメ記事TOP3
本当は怖い童話TOP3
都市伝説人気TOP3
PR広告








おすすめサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。